北日本石油について

北日本石油について

環境への取り組み

シマフクロウ保護支援への取り組み

シマフクロウ

『シマフクロウ』は北海道に生息し、全長70cm、翼を広げると2mにもなる世界最大級のフクロウです。20世紀初頭までは北海道全域に生息していましたが、森林伐採などの人間活動により生息数が激減し、現在はわずか100羽となり絶滅危惧種に指定されています。

シマフクロウの保護活動の支援

北日本石油では、1993年から20年以上にわたり寄付金や活動費の支援、保護林の植樹などを行って『シマフクロウ』の保護活動を支援しています。
写真左:シマフクロウ研究家の山本純郎氏

太陽光発電

  • 太陽光発電01
  • 太陽光発電02

再生可能エネルギーによる環境保護の一環として、北日本石油では『太陽光発電』に取り組んでいます。
サービスステーションの屋根と1万坪の土地にメガソーラーを設置し、併せて一般家庭約630世帯に相当する発電力を有します。

  • ・フリーパークバイパスSS(釧路):21kW
  • ・湊高台SS(八戸):26kW
  • ・大槻SS(郡山):39kW
  • ・須山第1発電所(静岡):1200kW
  • ・須山第2発電所(静岡): 900kW

照明のLED化

照明のLED化

省エネ及び二酸化炭素の削減活動として、北日本石油では照明のLED化を積極的に推進しています。
サービスステーション、営業所、事務所の電球及び蛍光灯を順次LED照明に切り替えています。口金工事が不要なLED蛍光灯「ソディックLED」の販売・取付も行っています。

回収リサイクルへの取り組み

リングプル回収

リングプル回収
札幌市内サービスステーションでリングプル回収を実施し『プルネット』を通して車いすを寄贈しています。

使用済み天ぷら油回収

使用済み天ぷら油回収
札幌市内サービスステーションでご家庭の使用済み天ぷら油を回収し『バイオ福祉再生重油』の取り組みに参画しています。

エコキャップ回収

エコキャップ回収
本社事務所では、エコキャップを回収し、エコキャップ推進協会へ寄付しています。エコキャップ回収を通してエコ活動と途上国支援をしていきます。